Loading...
銀壺的使用與保養

銀壺的使用與保養 (2)

銀壺 金壺的保養方法
09
Read more...

銀壺 金壺的保養方法

Written by 瑞壽藝廊

銀壺 金壺的保養方法

使用後,以溫水清洗後,以乾布將裏外擦乾。如果沒有擦乾就收起來,作品壺身可能會導致變色。

ご使用後はぬるま湯で洗った後、乾いた柔らかい布で、内側と外側の水気を完全にふき取ります。水気が少しでも残っていると、作品が変色する恐れがございます。

After use, rinse with warm water then dry with a soft cloth. This will prevent discolouration.

2001

進行保養時,請使用京都瑞鳳堂特製的保養布、保養液來保養。切勿使用去污粉、研磨劑、含氯洗潔劑等化學藥劑。

お手入れをする際、京都瑞鳳堂オリジナルのお手入れ専用布、お手入れ専用剤をご使用ください。クレンザーや、研磨剤、塩素系洗剤などの化学薬品の含まれるものの使用はおやめください。

Only use Kyoto Zuihodo cleaning cloths and liquid to wipe the kettle. Do not use cleanser or other abrasive materials, such as chlorine detergent to clean the kettle.

3001

 

長期不使用時,以溫水清洗後,以乾布將裏外擦乾,放入桐木箱中。並放置於通風良好處保管。

しばらくご使用にならない場合は、ぬるま湯で洗った後、乾いた柔らかい布で、内側と外側の水気を完全にふき取り、付属の桐箱に入れ、風通しの良い場所で保管ください。

If do not use the kettle for an extended period of time, and dry completely with a soft cloth to prevention discolouration. Always store the kettle in its original paulownia box in a well ventilated location.

4001

如有其它任何問題,請與京都瑞鳳堂、或者是各代理商直接連絡,我們都會幫您服務。

問題等ございましたら京都瑞鳳堂または代理店までお問合せ、ご相談くださいませ。

If you have any problems, please contact to Kyoto Zuihodo or ou

銀壺 金壺-使用及注意事項
05
Read more...

銀壺 金壺 的使用及注意事項

初次使用時,請先加入溫水,再將水倒出(此動作為2次)。也可直接將水加入銀壺中煮沸後,將水倒出。來清潔內部。

請勿拿刷子去刷壺身

初めて使用する際は、ぬるま湯を入れ、すすぎ洗いを2度ほど行い、内部を清潔にします。(その際にスポンジなどを使用し、こすったりしないでください。また、洗剤も必要ありません。) また、直接水を銀瓶または金瓶に入れ沸騰させたものを流すだけでも結構です。

Before using the Silver or Gold kettle for the first time, rinse it with warm water twice or bring water to the boil inside it and then discard the water. It is now ready for use.

1

 

 

因銀()材質上的特性,導熱性佳,所以如果壺內裝有熱水,在使用時,或者是剛使用後,請勿直接碰觸作品壺身。取拿蓋子時,請用布巾後拿。

 

銀及び金の特性である熱伝導に優れている為、熱湯を入れている際または熱湯を入れて使用した直後は、銀瓶または金瓶が大変熱くなっておりますので、直接触れないように、ご注意ください。また、蓋を持つ場合は布などをご使用ください。

Do not touch the kettle or the lid directly during or soon after use. Use a tea towel or a pot holder to handle the kettle and lid. This is due to the fact that, the kettle and lid will both get hot when the kettle is in use. Due to the kettle excellent thermal conductivity it will retain heat.

2

 

 

加水到作品壺中時,倒入至8分滿即可。如果加入過多,會有加熱時,水溢出來的可能性。

 

水を加える際に、水の量が多すぎると、過熱した際に中身が吹きこぼれる恐れがございますので、約8分目を目安にご使用ください。

The kettle may be boil over if it is overfilled. Therefore, do not fill the pot beyond 80 percent its capacity.

3

 

 

使用時,請勿一直打開蓋子,需打開蓋子時,也都要注意熱氣,避免燙傷。

 

湯気が肌に触れ、やけどの原因となりますので、蓋を開けたままでのご使用はお控えください。

Do not use the kettle without the lid properly in place. This is to prevent injury from steam.

4

 

 

請勿放入烤箱、微波爐中使用。

 

オーブンや、電子レンジなどでのご使用は出来ません。

Do not use the kettle in an oven or microwave.

5

 

 

 

請以電磁爐或者是炭爐來使用。以中火、小火來加熱。

 

電気調理器(IH調理器)、風炉などをご使用の際は、中火または弱火でお使いください。

When using the kettle on an electromagnetic cooker (IH cooker) or a portable stove (brazier) please ensure that the heat does not exceed the medium setting.

6001

 

 

切勿無水狀況下空燒使用。否則作品壺身會破損或變形。

 

空炊きは作品の破損や変形の原因になりますので、おやめください

Do not heat an empty kettle to prevent damaged to the kettle.

7

 All works